女の子の無病息災祈願

プレゼントを届ける女性

生まれたばかりの赤ちゃんを悪いものから守るためには、魔除けのアイテムを自宅に飾って無病息災を祈願するという風習があります。これは地域を問わずに日本各地で行われるものです。主に初節句や初正月を迎える赤ちゃんのための魔除けで、男の子には破魔弓や破魔矢、女の子には羽子板が贈られます。破魔弓や破魔矢は武器ということもあって魔除けの意味合いが感じられるのですが、元々は遊び道具として用いられることが多かった羽子板が魔除けのアイテムとして利用されるようになったのは理由があります。正月の羽根つき遊びは昔から行なわれるものでした。羽根つきの羽が虫のように見えることで、虫を遠くに飛ばす遊びは虫よけに最適な遊びという認識が広まったと考えられています。昔は虫に刺されることで体調を崩してしまうこともあったので、小さな子どもが健康的に育てるように羽子板が魔除けとして利用されるようになったというわけです。

初節句や初正月を迎える女の子の居る家庭は、神社や節句人形の専門店などで羽子板を購入すると良いでしょう。これは子どもの無病息災のためにも必要なアイテムです。しかし子育ての合間にわざわざ人混みをかき分けて羽子板を購入しに行くのは無理があることも考えられます。通販を利用することで自宅から出ずに羽子板が購入出来るので、専門店の情報を探してみると良いでしょう。初節句人形の中には五月人形や雛人形などがあります。これらのアイテムを専門的に扱っているお店があり、全国各地に対応しているような通販も展開されています。このようなサービスを利用すれば予算や好みに合った羽子板がすぐに見つかるのです。